ABOUT JOYCOMについて
ABOUT JOYCOMについて

ABOUT JOYCOM
について

「生きる喜び」を感じられる
場所をつくりたい。

JOYCOMは、Joyfull+Communictionを掛け合わせてつくった言葉です。人と人との「コミュニケーション」を「喜び」にできる場所をつくりたい、という願いを込めてつけました。私がコミュニケーションの大切さを改めて感じたのは、保育の勉強をしていた学生時代のころ。人は食事でどんなに栄養を摂取していても、愛情やぬくもり、コミュニケーションがなければ生きていけないと知りました。

代表取締役 岡田 亜紀
代表取締役 岡田 亜紀
理事長 岡田 亜紀

人と関わることが喜びになり、喜びは笑顔に、そして幸せへとつながります。
例えば、障がいをもつ方の世界をもっと広げられる場所。
ご高齢の方が健康に笑顔で過ごせる場所。子どもたちがのびのびと過ごせる場所。そんな「生きる喜び」を感じてもらえるような場所をつくっていくことが、
私たちの大きな夢であり、願いでもあります。

できることを少しずつ、確実に。

JOYCOMは、障がい福祉サービス事業として2012年にスタートしました。
現在の活動内容として、電機メーカー製造ラインで使用されるハーネス加工や小分け作業、老人ホームでの清掃作業・ベッドメイキング、カフェでの調理・製菓・接客などがあります。立ち上げ当初は工場での作業が主だったため、人によって作業の向き・不向きなどの個人差があり、退職せざるを得なくなる利用者が出てきました。そこで私たちは、一人でも多くの障がい者の自立を助けたい、夢や願いを実現させてあげたいと思い、職種を選べる環境をつくろうと決意しました。そうして2015年にできたのが、和歌山のチョコレート専門店「tocotowa」です。「つくるなら本物を追求しよう!」ということで、プロのショコラティエ監修のもと、和歌山の特産品を使用したチョコレートを開発しました。約3年後には野菜を中心にしたランチやグルテンフリーのスイーツを提供するカフェtocotowa DELIもオープン。障がいをもつ方たちも、その中で活躍されています。

「生きる喜び」を感じられる場所をつくりたい。
「生きる喜び」を感じられる場所をつくりたい。

今後は、障がいをもつ方やご高齢の方が活躍できる場をもっと増やすため、
そして子どもたちの「食育」の一環として農業法人を立ち上げる予定です。
そこが、様々な人と人が繋がり合える、
「生きる喜び」を感じられる大きなコミュニティになればと考えています。
少しずつ夢に近づけていると感じていますが、まだまだ道のりは長いです。
これからもできることを一歩ずつ、しっかりと進めていきたいと思います。

GROUP OVERVIEW 団体概要

平成24年7月1日 和歌山市より
障がい福祉サービス事業所として指定認可

所在地
[ハーネス加工/施設外就労/tocotowa DELI]
和歌山県和歌山市中島528 TEL:073-488-2101 FAX:073-488-2107
[tocotowa]
和歌山県和歌山市塩屋4-6-7 TEL:073-446-2311 FAX:073-446-2312
利用定員
40名
代表者
理事長 岡田亜紀(理事11名 監事2名)
職員
管理者 1名/サービス管理責任者 1名/
職業指導員 9名/生活支援員 3名

JOYCOM

樹 = ジョイコム
小鳥(メジロ) = 働くスタッフ
葉・花・実 = 多様な職種

以前のロゴマークは新芽をモチーフにしていました。
今、ジョイコムの活動は少しずつ成長し花や実をつけ始めています。
ジョイコムの思いに共感し集まってきてくれたスタッフと
これからも共に成長していく姿をイメージしたロゴマークです。

PAGE TOP